〜ラッピングペーパーが縫える〜

ペーパーソーイングラミネート

お気に入りのラッピングペーパーをラミネート生地にして、バッグや小物を縫うことができます。 繊細なデザインやメタリックに輝くラッピングペーパーを使えば、布製にはない個性的でおしゃれな小物が出来ます。

ショルダーバッグ

ラッピングペーパーEco Provincial Natural ペーパーソーイングラミネートマット

ラミネート生地の作り方

ラッピングペーパーのラミネートバッグ

ラッピングペーパー:フルーツ がま口:ラミネート:「マット」 バッグ:ラミネート「ツヤ」

ラミネート生地の層構成

ラッピングペーパーをラミネートシートと接着芯でサンドイッチして、アイロンで接着します

ラミネート層構成

※接着芯:作りたい物に合った厚さをご自身で用意してください
(針と糸で縫う場合は強度を持たせるために必ずご使用ください)

重要:本作品を作る前に切れ端を使ってテスト(下記1〜4と試し縫い)を行って下さい

ほとんどのラッピングペーパーはラミネートできますが、エンボス加工やトップコートの加減で相性の良くないものもあります

1. ラッピングペーパーの表面にラミネートを貼ります

粘着性のあるラミネートなので、少しコツがいります。失敗してもゆっくりとはがすことが出来ます(一部のラッピングペーパーで表面がはがれてしまうものもあります)。

ラッピングペーパーイラスト

1.ラッピングペーパー表面のほこりなどを取り除きます

2.ラミネートの裏紙を1cm程度はがして折ります

3.裏紙をはがした部分と紙の端をしっかり合わせて貼り合わせます

4.空気が入らないように、指を矢印のように動かしながら貼り付けていきます(爪で傷つけないようにご注意ください)

※ラミネートシートの裏紙はアイロンの当て紙として使うので取っておいてください※

2. アイロン「中温」(毛、絹、ポリエステル)で接着します。

必ずラミネートシートの裏紙を間にはさんで下さい(つるつるした面が紙側、格子模様面がアイロン側)

ラミネート手順2

アイロンのコツ

  1. アイロンは端からゆっくりすべらせながらかけてください
  2. アイロンのかけムラがないか、光を当ててよく確認してください
  3. かかりづらい場所にはアイロンを4〜5秒押し当ててください

ポイント
アイロン「高」ではすぐにラミネートがとけてしまいます。不意にアイロンの設定を変えてしまわないようにセロテープなどで温度調整ボタンを「中」に固定することをおすすめします

3. ラミネートしたラッピングペーパーを水でふやかし、裏面を一層はがします

しなやかな生地にするために、ラッピングペーパーの裏面の層を剥して薄くする作業です

ラッピングペーパーを水をはったボールにひたしている図

1.しっかり水を吸収して、まんべんなく色が変わるまで待ちます

裏面の紙を一層はがす図

2.ラッピングペーパーの裏面紙を剥します

※印刷面まで剥がれることのないように簡単に剥がれる一層目だけを剥して下さい※

4. 接着芯を貼り付けます

あて紙は必要ありませんが、アイロンは中温でかけてください

ラミネート手順4

接着芯アイロンのコツ

接着芯の伸縮によってラッピングペーパーにシワがよってしまわないように、アイロンはすべらせず、持ち上げて次の位置へ移動させて下さい

ラミネート生地ご使用のコツ

ア. ラミネート面からアイロンをかけるときは忘れずにあて紙を間にはさんでください。裏紙がない場合はコピー用紙などでも代用できます。

アイロンの注意

イ. しつけ縫いではなく両面テープやアイロン接着テープなどを使っての仮どめがおすすめ

ラミネートの仮どめ

ウ. 布と違って固いので、袋縫いをひっくり返す際にかなりのシワが発生しますが、アイロンをかけると元通りとは言えなくても、かなり滑らかになります。

ラミネートシワのばし

裏側をまんべんなく水で濡らして、シワをのばしたい部分におもてからアイロンを数秒ずつ押当てます

CATEGORY

GROUP

Mobile

OWNER

ラッピングペーパーは大切な人へのギフトを包むのはもちろん、身の回りのペーパーアイテムを作るのにも大活躍します。一枚のラッピングペーパーから広がる楽しみを共有しましょう!

Wrapping Paper DIY

かわいいペーパーアイテムの作り方
     &ラッピング方法いろいろ

ラッピング方法と使える折り紙のページへ Pinterestのスイートペーパーのページへ YouTubeのスイートペーパーのページへ

menu

TOP